「孤独のグルメ」。
これ見ていると、やっぱり松重さんのリアクションがおもしろい。
食べている現場ではセリフはないんでしょうが、すごく良く表情が語っている!

そして、ゼスチャーがうまい!
腰が悪くなって入院した回では、味気ない食事に塩をかけたくなる。
この時、塩を振るゼスチャーなんて実にうまい。
おもしろいんですね。

ドラマ部分が終了した後に放送される「「ふらっとQUSUMI」。
原作者が実際の店を訪れて、食事をするコーナーです。
第2シーズンの第8話「墨田区両国の一人ちゃんこ鍋」。

この後の「ふらっとQUSUMI」のゲスト、上々颱風の白崎映美さん。
白崎映美さんは久住さんと共演したこともあり、この番組の大ファン。
語ります。

白崎さん「なんかほら、あの五郎さん。良いじゃないですか」。
久住さん「うんうんうん」。
「あの人、額のしわと眉間が、もう、ウマいってことを語ってる!」

久住さん「ここで?」と、眉間を示す。
「ここで!」
「ははははは」。
「何にも言わなくても、ここが美味しそうだなって!」

さらに、第2シーズンの第2話「中央区日本橋人形町の黒天丼」の時のBGMについて。
松重さんの五郎さんが食べている時、背後に流れる音楽が「五郎さん!」
「五郎さん!」「五郎さん!」と連呼。
♪五郎さんっ♪ ♪五郎さんっ♪ ♪五郎さんっ♪

白崎さん「くだらない!」と言いながら大笑い。
「忘れられないBGM!」
「おいしくて気持ちが盛り上がっちゃって、五郎さんって言ってんの?みたいな」。

すると久住さん「あれ俺なんですよ、俺の声!」
「あれ、俺の声なの」。
白崎さん「くだらない!最高!」
そして、「1人でおじさんがご飯食べてるだけなのに、宇宙的なスケール!」

久住さん「宇宙来た!?」
「うれしいですねえ…」。
原作者さんも松重さんの五郎さん、かなり気に入ってるみたいですねえ。

次のシーズンが松重さんでやるかどうかは、わかりません。
でもやっぱりこのドラマの良さは、企画もありますが、松重さんの力も大きいのではないでしょうか。
松重さんの良さが発揮されて、本当に良かった!
これ見た後に「深夜食堂」の松重さんを見ると、立ち方から歩き方までが全く違って、おもしろいです…。


スポンサーサイト
2017.06.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3458-0aef0540