豪雨の災害に遭われた地域の方、お見舞い申し上げます。
一日も早い復興と、生活の再建を願っております。


一昨年までの執務室は、エアコンにえらい偏りがある部屋でした。
エアコンの風が直撃する席があって、その席の人は頭からストールかぶってる。
風で机の上に置いたティッシュの箱のティッシュが、そよそよ動いてる。
1日で風邪ひいた人もいる。

その人たちの苦情で、エアコンの吹き出し口に紙が貼られたんです。
すると、他の人が暑い。
元々、風が来る席にいる人と、暑い席にいる人には溝があるな、と思っていました。

するとある日、風の来る席の人が、おトイレの個室に入っている時、外で話す声がしたそうです。
「何で、あの人たちの言うことばっかりが優先されるの?」と言っている。
「寒い人は着られるけど、暑いこっちはこれ以上、脱げないのに」。
風の来る席の人は、正直、喉もやられる感じがしたけど、これを聞いてもうこれ以上は言わないことにしたそうです。

そして事務所移転が決まって、エアコンの吹き出し口の紙が取られた日。
ほとんどの人が「こんなに涼しかったの!」と言ってました。
吹き出し口を塞いでいた人も、今度の執務室はもう自動で調節されているからこちらがどうこうできませんと言ってました。

この人たちも、暑いの寒いの言われて大変だったんだろうな。
それから解放されて、せいせいしたことだろう。
私は暑い席でした。

ほんとに暑くて、つらくて、仕事に集中できない時がありました。
ずっとずっと、仰いでるから仕事にも支障が出る。
でもしかたないんだろうな、と思ってました。
暑い席にいた人は、我慢しているうちに、ムカムカしてきたと言ってました。

何でこっちばっかり我慢してるんだと思ったら、ムカつかなかった人に対してまでムカムカしてきたと。
寒い席の人の言うことを聞く人にまで、ムカついて来た。
許せないわ~、って思い始めたそうです。
あの執務室にいた人たちが、あんまり仲が良くなかったのはこのせいもあったかもしれない。

連日の猛暑。
先週、部屋の模様替えを余儀なくされて、10年以上使っていたチェストを部屋から出しました。
廃品回収で持って行ってもらったのですが、その時に作業した人に暑い中、ありがとうございますと声をかけました。
すると、その方、暑いの大好きなんだそうです。

もう、4月ごろからこの季節が来ると思うと、楽しくてしかたがないとか。
汗の流れるこの季節、いよいよ来たなって思って毎日楽しいそうです。
ほー。
もともと、暑い地域の出身だそうです。

私も夏は好きですけどね。
昼が長いのも好きですし。
でも、つらくないかと聞かれたら、そりゃつらい。
好きなら暑い中、いると言われたら、そりゃ勘弁してと言う。

執務室は風の当たり方の問題でしたが、この方を見てて思ったこと。
暑いと思う人と寒いと思う人が一緒にいるのは、揉め事の元だ。
そのうち、許せることまで許せなくなることがあるのだと。


スポンサーサイト
2017.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3462-83d07787