先々週の木曜日夜8時に放送されている「奇跡体験アンビリバボー」で、凄惨な事件が取り上げられていました。
昭和26年、築地の中華料理店で起きた殺人事件。
主人、妻、2人の子供が犠牲になった痛ましく、怖ろしい事件です。

第一発見者は住み込みで働いていた、見習いのコック。
良く出前に行っていた築地警察に、主人一家が殺されていると駆け込んできました。
この青年は住み込みで働いていましたが、お金に困っていなかったため、給料は受け取らなかった。
ただ自分も中華料理店を開きたいので、修行のために働いていたそうです。

それを知った主人は非常に熱心に、この青年を指導。
家の子供たちもこの青年を慕い、一緒に遊んでいる姿を近所の人が目撃しています。
青年の話では、前日から住み込みで若い女性が働き始めていたが、事件の朝は姿が消えているとのこと。

さらにその女性の親戚だと言う男が、昨夜、訪ねて来ていたことも話しました。
親戚の男も姿も、見えない。
そのため、警察ではこの女性を追い始めました。
主人一家が盗られたお金は、現在の金額にして800万円と言う高額だった。

しかし警察ではなぜ、この青年が事件に気が付かなかったのかも不審に思いました。
疲れてグッスリ眠っていたとはいえ、階下で4人が殺される事件が起きていて、わからないものだろうか。
…ここまで見て、こんな話、昔、ドラマでやっていたなあと思いました。
ちゃんと記憶していないので、非常に不確かなんですが…。

「特捜最前線」でこんな話、やってなかったかな。
冒頭、警察に、主人一家が殺されていると青年が駆け込んでくる。
青年の知らせで警察が行ってみると、確かに主人一家が殺されていた。

彼の話では、前日に同じく住み込みで働いていた女性のところに男が訪ねて来ていた。
夜中に、2人の親密な様子の声が聞こえてきた。
青年は「俺、困っちゃってさ」と言っていた…。


このドラマの結末は、わかりません。
当時の自分にはこのドラマが放送されている時間は、大人の時間帯でした。
要するにこんな話を見ていないで、早く寝なさいと言われて、最後まで見られなかったんだと思います。

アンビリバボーで放送された実際の事件の真相はというと、この見習のコックの好青年が犯人でした。
青年はお金に困っていなかったはずだったが、女性関係が派手で、金遣いが荒かった。
そのため、当初からこの中華料理店に入り込んだのは、強盗目的と推理されました。

推理された、というのは、この青年は逮捕された夜、留置所で服毒自殺してしまったんですね。
だから真相は闇の中。
暖かく迎え入れてくれていた主人一家を、子供まで殺した住み込みの青年。
非常に嫌な気分になる事件です。

「特捜最前線」の方はどうだったのかな…。
そもそも、「特捜最前線」だったのか、確信が持てません。
どうもこの事件が元になっていたような気がして、それだったらあの青年が犯人だったんでしょうね。
今更ながら、展開が気になります。

あのドラマが何だったのか、それも今更ながら気になります。
こういう記憶って、確かめる術は、ないんでしょう。
確かめたいけど、術がない。
そんなことあるなあって思いながら、この事件の話を見ていました。


スポンサーサイト
2017.07.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3465-ec473ca3