いやいや、今月は母親から目が離さない月になりました。
これはもう、1人で置いておくべきじゃないと判断。
判断せざるを得なかったんですが。

そういう時が来ているんだと、認めざるを得なかったことが、今月はいくつもありました。
正直、疲れていろんなことができなかったことも事実です。
いずれは自分も行く道だと思いながらも。
母親の老いを認めるのも、人に頼まなくてはいけないのも、悲しいものです。


スポンサーサイト
2017.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3469-9fe2e764