「幻想ミッドナイト」、第1話「夢の島クルーズ」。


正幸は東京湾をクルーズするヨットの上にいた。
牛島という男のヨットだ。
「どう?最高だろう?」

牛島はそう聞いたが、正幸は小声で「…ざけんなよ」とつぶやいていた。
船室には美奈子がいた。
やってきた正幸は美奈子に「お前、昔とずいぶん男の趣味変わったんだな」と言った。

「そうかもね」。
「懐かしいとか言って、店に顔を出すようになったと思ったら」。
「これに引きずり込むのが、狙いだったのか」。

「ほんとに懐かしかったのよ」と美奈子は言う。
正幸は美奈子に「幸せか?」と聞いてみた。
「そうねえ…、最高に」。
美奈子は笑った。

夕暮れだった。
「榎吉くん、何がほしい?」
牛島が聞いた。

「君がほしいもんだよ。つまり、人生においてだよ」。
「あー、人生においてですか。そうだなあ」。
ヨットは進んでいく。

水面にロボットのおもちゃが浮いていた。
こんな沖に…。
それを見た正幸は「子供、かな」と言った。

「子供?あなた結婚してたっけ」と美奈子が聞いた。
「いや、同棲中、かな」。
牛島が言う。
「珍しいなあ、籍も入れてないのに子供がほしいなんて」。

「子供でもできれば結婚しようって、気にもなるじゃないですか。踏ん切りつくって言うか」。
だが美奈子は「どうしてそんな嘘つくの。子供ほしいなんて思ったことないじゃない」と言った。
「嘘じゃねえよ」。

牛島は「僕は子供なんかほしいとは思わないなあ」と言う。
「自分の人生、精一杯楽しみたい主義だからな」。
そして「結婚にしても子供にしても金がかかるぞ。幸せな人生には金が必要なんだ」と言う。

「君、女友達いるだろう」。
「場当たりですが」と正幸は答える。
「それに君はかなりモテる。君の言うことだったら信じたいって女、かなりいるだろう?」
「君がその気になれば絶対成功するって!」

「あなただってお金欲しいでしょう?」
美奈子も言う。
「マルチ商法やると友達なくすんですよ」。
正幸は乗らない。

「そういう奴何人も見てる」。
「そりゃ相手騙すからだよ!」
牛島の声は、全く悪びれていない。

さすがに正幸は言った。
「騙してるじゃん」。
「いや、違う。僕らが扱ってる商品は偽もんじゃないんだ。ほんとに効き目があるんだ」。

牛島は言う。
「相手に感謝するためにこの商品を扱ってるんだ。そう信じてやれば友達なくすなんてこと絶対にないよ」。
「そうよお」と美奈子も言う。

「榎吉くんだったら、この商品、いろんな人に紹介することができるだろう」。
正幸はうんざりし始めていた。
「そうやって今まで何人丸め込んだんですか」。

「ヨットに誘い出して語るふりして、やばいこと考えましたよね」。
「海の上なんて逃げ場ないし」。
「残念だけど、僕は遠慮しときます。詐欺の片棒なんてごめんだよ」。
「そりゃ誤解だよ」。

牛島が否定した時だった。
ドスン、
ガシャン。

異音が響いて、ヨットが止まった。
「どうしたんだろうな」。
「ガス欠ですか」。

正幸の言葉に牛島がムッとした。
「ガソリンはたっぷり入ってるよ!つまんないミスするわけないだろう」。
牛島は懐中電灯で、ヨットの下を照らしてみた。

水面はもう、暗い。
海に手を入れてみた。
「何だこれ?」

牛島は何かをつかんでいた。
「靴?」
子供が履く、布製のズック靴だった。

「ああ」。
「へえ」。
「舵んところにひっかかってたんだ」。

「これ、子供の靴ですね」と正幸が言った。
「子供の靴なんてこんなとこ、どうやって入って来たんだろう」。
「これ、ひっかかってたんすか?」

「良いから捨ててくれ」。
牛島が顔をそむけた。
靴のかかとには、マジックで「かずひろ」と書いてあった。

「これ、かずひろのだ」。
正幸が言った。
「この靴、かずひろくんのですよ」。

「捨ててくれないか!」
牛島が鋭い声を出した。
「どうしたんすか」。
「気持ち悪いだろう」。

正幸が靴を、ぽーんと海に投げた。
ポチャンと、音がした。
「かずひろくん、靴片っぽなくして、どっかで泣いてないですかねえ」。

正幸の言葉に牛島が「君の冗談は、ぜんっぜん、おもしろくないな」と不快そうな声を出した。
相変わらず、ヨットのエンジンはかからない。
冷えてきた。
美奈子はドレスの上に、赤い上着を羽織った。

牛島と美奈子は「どうしたの?なんで動かないのよ?」と言い始めた。
「おかしいなあ。どうして」。
「ちょっと待ってよ、考えるから」。

正幸が「無線は」と聞いた。
「無線はついてない」。
「ないんですか」と思わず、正幸が声をあげる。

「このぐらいの船にはついてないんだよ。必要ないから」。
「今、必要じゃないですか」・。
「ないものはないんだよ!」

「ねえ、どうなっちゃうの?」
美奈子が不安そうな声を出し始めた。
牛島が「何かキールに引っかかってる。それしか考えられない」と言った。

「何が」と正幸が尋ねる。
「わかんないよ!」
「どうする気ですか」。

「…潜るしかないよ」。
「潜る?」
「潜ってキールに引っかかってるの、はずすしかないだろう」。

「危なくないの」。
美奈子が心細そうに言う。
「船の上に牛島さんいなかったら、私が怖いわよ!流されちゃったらどうするの!」
「ねえ、どっか流されちゃうかもしれないじゃない!」

そう言うと、美奈子は正幸を見た。
牛島も見た。
「榎吉くん」。

「え?冗談、…冗談でしょう」。
正幸は、「俺はヨットのことなんか何にもわかんないんですから。困りますよそんなこと言われたって」と言った。
すると牛島は「良い!」と怒鳴った。
「自分で潜るから!」

真っ暗な水面にむかって、強いライトが当てられた。
牛島が水面に降りた。
ゴーグルをつけ、潜った。

それを見下ろしていた美奈子は正幸に「あなたって嫌な人」と言った。
「ええ?俺が潜りゃ良いってのかよ?」
「違うわよ。同棲なんてしてないくせに。何が子供ほしい、よ」。

「あの人、前の奥さんと子供がいたのよ」。
「ふうん、子供嫌いだって言ってたじゃない」。
「死なせたの」。

「どうして」。
「知らないわよ!」
美奈子はいら立った。

牛島は潜っていた。
何かが、引っかかっている。
たぐり寄せる。

水の向こうから、手が伸びた。
牛島の足がつかまれた。
顔が現れた。

まん丸で、皮膚がはがれている。
パニックを起こした牛島が、ゴボゴボと空気をはく。
水面に上がろうとするが、足を捕まれている。

もがく。
必死の思いで、牛島は浮上する。
牛島が溺れかけているのを見た美奈子は、「早くあげて!」と叫ぶ。

「あああ、ああああ」。
牛島は、悲鳴を上げ続ける。
船室に転がり込んだ。

正気を戻すため、正幸が牛島の頬を張った。
「牛島さん」。
ウイスキーを飲ませた。

「どうしたんです」。
「何があったんです」。
「何が」。

「何?ねえ、何がいたの!」
美奈子も叫ぶ。
「小さくて…」。

牛島がガチガチと震えながら、言った。
「ぶよぶよしてて」。
「子供がしがみついてきた」。

「キーツに子供がしがみついていて、俺引きずり込もうとした」。
「ここつかんで、引きずりこもうとした」。
泣き叫ぶように牛島が言った。

「やめてよ!」
美奈子も泣き叫ぶように言った。
「そんなこと言うの!」
「そんなこと言うの、やめてよー!」

美奈子はもう、泣いていた。
「悪い冗談だよ」と正幸がなだめる。
「嘘よ!」

牛島はうわごとのように言い続けた。
「破けた皮膚…。顔や手は風船みたいに膨らんで」。
正幸はため息をつくように「じゃあ、あれだ。靴は片っぽしか履いてなかったんだ」と言った。

「いや」と牛島は否定した。
「両方履いてた?」と正幸が聞く。
「いや」。

「ええ?」
「素足」。
「靴なんて、履いてなかった」。

そこまで聞くと正幸はついに吐き捨てるように「バカバカしい!」と言った。
「そんなことあって、たまるかよ!」
牛島が目をむいた。

「じゃお前、潜ってみろよ!」
「潜ってみろ!」
興奮した牛島に美奈子が「ねえ、大丈夫?」と聞いた。


夜は更けていく。
正幸が時計を見て「もう一時だ」と言った。
「ようし」。
正幸が立ち上がる。

美奈子が「どうするのよ」と聞く。
正幸が、着ていたパーカーを脱ぎだした。
大きなビニール袋に、脱いだ服を入れ始めた。

それを見た牛島は「お前、潜ってくれんのか!」とうれしそうな声を出した。
「そうか!何か見間違えたんだ。大丈夫!お前なら大丈夫!」
「何、都合の良いこと言ってんですか」。
正幸の声は冷たかった。

美奈子が聞く。
「何してんの」。
正幸は持ち物も全部、ビニール袋に入れていた。

「泳いで行く」。
「泳ぐ?」
「岸まで200mぐらいだから簡単ですよ」。

驚愕した牛島は「足引っ張られるぞ!」と叫んだ。
「今、自分で錯覚だったって言ったでしょう」。
正幸はもう、ウンザリしていた。

「そんなもの、いませんよ。そんなもの、…いてたまるか!」
もう正幸は、不快さを隠そうともしなかった。
「溺れるぞ」と牛島が脅した。

「溺れて死ぬぞ!」
「勝手に言っててください」。
正幸はビニール袋を体に結わいつけた。

「待って」と美奈子がすがる。
「ああ、最高だ!」
正幸は皮肉たっぷりに言った。

「おかげで最高の気分ですよ!だけどこれでお別れだ」。
「あんたらはあんたらだけで、最高の生活、楽しんでくださいよ」。
正幸は、そう吐き捨てた。

「見捨てるの!」
美奈子が鋭い声で聞いた。
「岸に着いたら、湾岸サービスに電話しておいてやるぞ」。

「死んじまうぞ!」
牛島が叫ぶ。
「おい!死んじまうぞ!」

さっさと甲板に出た正幸は、綺麗な弧を描いて飛びこむ。
のぞき込む美奈子を振り返り、「じゃあな!」と言った。
そして振り向きもせず、泳ぎ始める。

先には、灯りがずらりと灯っている。
正幸の姿が、遠ざかって行く。
真っ暗な海を、正幸は泳ぎ続ける。

ふと、正幸は昼間、拾った靴を思い出した。
かずひろ。
黒のマジックで、かかとに書いてあった文字。

正幸の足が、水中で上下する。
『俺を引きずり込もうと』。
牛島の声を思い出す。

海の中、何がか近づいてくる。
手が伸びた。
正幸は、足を捕まれた。

水中に引きずり込まれそうになる。
バシャバシャと正幸は、抵抗する。
自分の足をつかんでいる手をつかむ。

正幸がつかんだのは、海藻だった。
「ちっ」。
思わず、正幸が舌打ちをする。

つかんでいた海藻を、海に向かって投げる。
そして再び泳ぎだす。
やがて、テトラポットに手が届いた。

正幸は水からあがる。
水が全身から、滴り落ちる。
ピチャン、ピチャンと音がする。

正幸はテトラポットの上に上がった。
息を切らしている。
大きく息をして、ホッとする。

海の方を見ると、沖にはヨットがいる。
「あー、やった」と思わず声が出る。
上に登ろうとした正幸の視線が、止まった。

かがみこむ。
手を伸ばす。
靴だ。

正幸の手には、布製のズック靴があった。
かずひろ。
かかとには、黒いマジックで「かずひろ」と書いてあった。

「だからか」。
「だから両足とも裸足だったんだ」。
正幸は独り言を言った。
「こんなとこに引っかかってたんじゃ、いっくら探しても見つかんねえよなあ」。

正幸は大きく息を吐いた。
「ほらあっ!」
そう言うと、靴を海に向かって投げる。

ズック靴は大きく、綺麗に弧を描いて海に落ちた。
「返したぞお!」
正幸は、海に向かって声をあげた。
そして、背を向けて去る。

夜の海。
浮いているズック靴。
ちゃぽん。

音がした。
水中から、紫色に変色したボロボロの腕が出た。
靴をつかんで沈む。
あとは音も立てない海が、静まり返っていた。



前にも書いたんですが、土曜の夜24時から放送していた「幻想ミッドナイト」。
第1回は「リング」の原作者の鈴木光司さんの作品「夢の島クルーズ」。
再放送もないし、DVDも発売されていないし、二度と見ることはできないんだろうなと思ってました。

そうしたら、DVDが発売されていたんですね。
再見しました。
企画から総合プロデューサーを勤めた、飯田譲二さんは「後に残るような作品にしたかった」そうです。

こうして見ると、良い作品があります。
97年の土曜の深夜放送。
もう、今から20年も前の放送だったんですね。

正幸は、高橋克典さん。
ドラマ版「リング」を飯田さんが手がけ、高橋さんが出演した縁でもう一度出演してもらったそうです。
実際に夜の東京湾を泳いだ、ハードな撮影だったとか。

美奈子は、本田美奈子さん。
牛島は、矢島健一さん。
みなさん、若いです。

詳しい描写はないんですが、前にも書いた通り、想像をさせるうまい演出です。
牛島の妻の美奈子と正幸は、過去に付き合っていた感じです。
正幸は美奈子にこだわりがあるわけではないけど、ヨットに誘われたから来てみた。
いや、美奈子の顔をつぶさないように来たのかもしれません。

そして牛島に子供がいたという話。
お金儲けのためなら、人を騙しても平気なほど荒んだ牛島。
これも詳しい描写はされていませんが、子供の靴を見つけた時の牛島の不快そうな様子。
最初の妻との破たんといい、何かがあったんだなとわかります。

それがマルチ商法の片棒を担がされる目的で、ウンザリした。
品行方正な女性ではなかったにしろ、美奈子がそんな片棒を担いでいることにもウンザリした。
正幸も品行方正とは言えないけれど、悪党ではない。

でもこの牛島の商売は、いずれ破たんすると思いますね。
ヨットに無線がない。
海に出るヨットなのに、連絡するための装置をつけていない。

必要ないと言いながら、必要でないわけではない。
肝心なところで、セーフネットがない。
そういう人がやっている商売ですから。

飯田譲二さんはこの原作の、「幽霊はいるのかいないのか」という描き方にひかれたそうです。
「そういうことは人の意識に作用されるんじゃないか」ということを的確に描いている。
恐怖を感じていればそれはいることになるし、何も感じない者にはいない。

牛島には、幽霊が感じられる。
それはおそらく、牛島の過去によるもの。
だが正幸には何もない。
そのため、正幸にとっては幽霊はいない。

だが途中、夜の海を泳いでいる時に正幸は不安になる。
その時、幽霊は実体になって正幸の前に現れる。
しかし、気力で「それ」をつかんだ正幸の前には、やっぱり幽霊はいなくなる。

山岸涼子の「海底より」もそんな感じですね。
生きる気力がなくなっている主人公は、海の中に引きずり込まれそうになる。
だけど気を強く持っている青年が「負けるもんか」と思った瞬間に、「それ」は消える。

「そんなものいるわけないでしょ」と言い放った正幸の前に、片方のズック靴が現れる。
正幸はそれを恐怖を持って、見つめない。
子供への思いやりで、正幸は靴を返してやる。

最後に靴が浮いたままにならず、何かがつかんで海に帰って行く。
これはうまい、怖いラスト。
うまくまとめたと思います。


スポンサーサイト
2017.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3472-0337b36c