FC2ブログ
TOPシン・ゴジラ ≫ 放送!

放送!

先週、「シン・ゴジラ」がテレビ放送されてました。
私はなぜか、9時前に眠くて眠くて、ベッド入っちゃったんです。
それで寝ながら見ようと思っていて、眠ってしまった。
録画してましたけど。

作品の性質上、当たり前なのかもしれませんが、この映画。
改めてみると、男がカッコいいですよね。
男っぽい男が出て来る。

すでに国連決議で、熱核攻撃が決定。
しかし日本は、最後の希望、ゴジラ凍結に賭ける。
矢口とカヨコの会話。

カヨコが「この国で好きを通すのは難しい」と言う。
矢口「ああ」。
「僕、1人じゃな」。

里見臨時総理代理に矢口の作戦の実行の、承認をしてくれと言う泉政調副会長。
「こんなことで、歴史に名前を残したくはなかったなあ…」とぼやいていた臨時総理代理。
実に哀しそうな声。
平泉成さん、うまいなあ。

「しかしなあ、泉ちゃん。もう国連決議まで出ちゃってるしな」。
泉「米国はゴジラの存在を隠匿していた事実をうやむやにするために、早期の幕引きを図っている節もあります」。
「そんなことはわかってるよ。泉ちゃんだって我が国の立場をわかってるだろう」。

「ですけど総理。自国の利益のために他国に犠牲を強いるのは覇道です」。
キッパリ。
「…わが国では人徳による、王道を行くべきということか」。

泉の言葉は、総理の心に響いた。
国連決議、アメリカにも粛々と従っていた赤坂内閣総理大臣補佐官が口を開く。
「総理。そろそろ好きにされたらいかがでしょう」。
「そうだな。で、どれにハンを押せばいいんだ」。

立川の自衛隊基地の応接室で、矢口と統合幕僚長、総監らが話す。
作戦名を「長いですね」と言う矢口。
「役所のすることですから」と、フッと笑う統合幕僚長。

「ゴジラ凍結作戦も子供っぽいですから…、ヤシオリ作戦としましょう」。
「わかりました」。
「作戦の運用は五段階。朝霞で詳細に詰めてあります」。

「架設架線と軌条の復旧作業、隊員による車両の遠隔操作の訓練や、爆薬の設置作業も終了しています」。
「後は実行のみです」。
うわ、頼りになる。

強い女性もカッコいい。
女性が活躍するアクション映画は、大好きです。
だけど、この映画は強い男の王道を見た感じがします。

自衛隊なんだから、それはそうなんですが。
男が男である意味、みたいなものを見せてくれた。
男らしいって、こういうこと!って思ってしまったんですねえ。

統合幕僚長に矢口が「ありがとうございます」と言う。
すると幕僚長。
「礼はいりません。仕事ですから」。

…しびれますね。
プロ中のプロの言葉。
この人がいれば、大丈夫なんだと思わせる。

そして無人新幹線爆弾が、炸裂。
この辺りはもう、スカッとしてください!って感じですね。
今見ると、無人新幹線爆弾とは、いいとこ目を付けたな~!って思います。

その後の無人在来線爆弾、全車投入!
だけどこれ、JRよく許可しましたねえ…。
特に、新幹線。

ゴジラの体に巻き付くようにして、乗り上げていく在来線。
それがゴジラに向かって、炎を上げていく。
あんな風に電車がゴジラに向かって、登って行くのか?って、あれは電車の報復でしょう。

今回も最初の方で、宙を飛んでバラバラになる電車がありました。
いつもいつも、ゴジラやギャオスに踏みつけられ、壊される電車。
犠牲になった電車、乗客の怨念がゴジラに絡みついてる。

米軍と自衛隊の共同作戦。
めんどくさいアメリカを体現したかのような、カヨコという人物。
でも、カヨコも相当尽力してるんだろうと思いました。

ヤシオリ作戦は、成功。
ゴジラは完全に沈黙。
不思議なのは、ゴジラは怖い。
日本は、人類は、ゴジラによって滅ぼされるところだった。

この時点でも、相当な被害が出ている。
絶対、いてほしくない存在。
なのに、なぜか、ゴジラが目を閉じる時、とても哀しくなる。

熱核攻撃まで、時間は迫っていた。
赤坂「微妙なタイミングだが、フランスを説得し続けた里見臨時総理代理のおかげだ」。
フランス駐日大使に、直角に頭を下げている臨時総理代理。
背後の官僚の御名さん。

みなさん、実にカッコよかった。
この、ヒーローがいないところが、実に日本らしかった。
誰もがその立場で、その職場で自分の仕事をしている、普通と言えば普通の人たち。
その人たちが力を結集させて、解決する。

ここが実に、日本らしかった。
最初の右往左往、決まらない会議。
後手後手に回る対策。

そういうのも日本らしいなら、決まると力を合わせて行くところも実に日本らしかった。
「この国で好きを通すのは、難しい」。
「僕、1人じゃな」。

「スクラップアンドビルドで、この国はのし上がってきた」。
「今度も立ち直れる」。
震災を経験した日本に対してのメッセージ。
日本に、日本人に対してのメッセージ。

そして、凍結したまま、東京駅に存在しているゴジラ。
矢口は「日本は、いや、世界はゴジラと共存していくしかない」と言う。
このゴジラは、一体、何を象徴しているんだろうと考える。

「あなたの手段を択ばないところ、気に入っている。だから、辞めないでね」と言うカヨコに対して矢口が言う。
「政治家の責任の取り方は自らの進退だ。自分の責任は自分で取る」。
「マキと同じ、…好きにすれば」。
親愛を込めて、そう言うカヨコ。

そして最後の尻尾の分裂。
あれが群体化、有翼化すると、人類は滅びる…。
間一髪、危機は回避されたのだろうか。
それとも、まだ、うごめいているのだろうか。

白地にクラシックな「終」の文字。
今回の放送では、CMの入れ方も悪くなかったですね。
最後のエンディング、ばっさりカットはちょっとびっくりしました。

あの余韻であの曲が流れるって、やっぱり良いなって思いました。
でもあのエンディングまったくのカットで、「終」は良い終わらせ方だった。
「シン・ゴジラ」を壊さないように配慮した、放送だったのではないでしょうか。

カッコいい男たちが見られるこの映画。
放送時に、寝ていてごめんなさい。
視聴率に貢献しなくてごめんなさい…。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL