こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
TOPシン・ゴジラ ≫ ジェラートじゃないよ、Jアラート

ジェラートじゃないよ、Jアラート

12月7日にテレビをつけたら出川哲郎さんの番組をやってました。
Jアラートって何だ?ってことを学ぼうということらしいです。
石破茂氏が出ていました。

出川さんは、「jアラート」は、新しいジェラートだと思ったそうです。
本当は知ってるのかもしれませんけどね。
地震が来る、津波が来る、ミサイルが来る。
そういう危険を国民に知らせる警報。

全国瞬時警報システム。
出川さんは、このJアラートという名前は、わかりにくい。
おじいちゃんおばあちゃんに、もっとわかりやすくと名前の改変を求めてました。

2007年にできたシステムとか。
この警報は、携帯電話でも鳴るし、防災無線も鳴る。
実際に鳴る音を流してくれました。

携帯の音を出川さんは、警報っぽくない、のんびりした音ですねと。
石破さん、すみませんと言う。
で「何で俺が詫びるんだ」。
ちょっとおかしい。

この音、防災行政無線はさすがに、切羽詰まった感じがします。
北朝鮮のミサイルが発射された時は、北海道から茨木まで鳴った。
撃たれた段階では正確に落ちる場所がわからないからだそうです。

正確じゃないという批判もある。
でも出川さんは、鳴らしてくれて助かる。
「そんなこと、気にしないで生きてください」と言いました。
石破さん「ありがとうございます」。

改良しつつあるので、今の段階ではこれはベストではないそうです。
しかし、石破さんいわく「日本人は死にません。傷つきません」。
「必ず撃ち落とす」。
「撃ち漏らすことがあっても誰も死なない傷つかない」。

「だからそんなことやめなさいと、言いたいんです」。
出川さん「それはすごい良いことですね」。
万が一東京を狙って、ミサイルが撃たれた場合。

ミサイル防衛システムが発動。
石破さん「当たります」。
言いきりました!

どこにいつ落ちるか、イージス艦のコンピューターで割り出せる。
「すごいな」と感嘆する出川さん。
「それ作るの、すごい大変だったんですから!」

本当に大変そうな言い方でした。
ですよねえ。
万が一、撃ち漏らした場合は地上でペトリオットが対応。

迎撃ミサイルを押す許可は、総理大臣ですか、と出川さんが聞く。
危ない状況である場合、自衛隊の司令官の判断だそうです。
すると出川さん「日本は遅いじゃないですか。システムが。許可を取って許可を取って」。

「先生、『シン・ゴジラ』ってご覧になりました?」
石破さん「見ました」。
ここで「シン・ゴジラ」の話題!
出川さん「ゴジラ見るんだ!」

「ゴジラ世代ですか、先生。ごめんなさい、何歳なんですか?」
「還暦」。
「じゃ、まさにゴジラ世代だ。キングギドラ派ですか」。

「いや、私、モスラのが好きだ」。
わはははは。
「ザ・ピーナッツのモスラーヤ」と出川さん。

そして「日本政府は迅速な対応ができるのか。『シン・ゴジラ』もなかなかゴーが出せなかった」と言う。
すると石破さん「ミサイル防衛は、いろんな研究、訓練もしてきた」。
「今、この瞬間にも日本の海にイージス艦がいて、そういう対応を取ってる」。

出川さん「ゴジラは来るわけない」。
「UFO来るわけない」。
石破さん「来たらどうすんだ、ってことは考えておかないとね」。

出川さん「ゴジラはいないとして、UFOはね」。
石破さん「いると思うでしょ」。
出川さん「僕はいると思ってる」。

石破さん「私もそう思ってる」。
「ほんとですか!じゃあ、先生は何でそう思うんですか」。
石破さん「いないという証明ができない!」

出川さん「…さすがです。絶対にいますよね!」
石破さん「いますよ」。
「いないって証明ができない以上」。

もし、UFOが攻めてきたら?
「日本の自衛隊って法律上の根拠がないと動けないんです」。
これがないと、戦車は一メートルも動けない。

「じゃあゴジラが来たら、どの法律で対応するんですか」。
石破さん「映画の中で、女性防衛大臣が『総理良いですね?日本で初めての防衛出動ですよ』『わかってる』って」。
出川さん「石原さとみちゃんが」。

石破さん「さとみちゃん違う。さとみちゃんはアメリカの大統領補佐官」。
おおっ、ちゃんと見てます!
「余貴美子さん。カッコいい女性防衛大臣」。
そうなんです、カッコよかった。

「総理わかってますね、やりますよ。やるわけですね」。
「だけど、防錆出動ってのは、どこかの国が責めてきましたって時に使うもんで、ゴジラ、国じゃない。生物なんです」。
「これ防衛出動じゃないよねーって、私は思ってんですけどね。今でもそれは災害派遣でしょって思うんですけど、それはいろんな論争があって」。

「UFOが来ました。あちこち地球を攻撃する。これだったら防衛出動かもしれない」。
「でもUFOが来ました。『地球の皆さん、仲良くしましょう』と言ったら、いきなり防衛出動ってわけにはいかない」。
「そう言う時にどういう法律を使うんだろう。どういう部隊を動かすんだろう」。
「国連にどういう対応を求めるんだろう。そういうことをいつもいつも考えていないと、防衛はできない」。

なるほど!
ゴジラ、UFOとまじめに考えている。
いやいや、大事なことなんですよねー。

しかし、「シン・ゴジラ」を「おおっ、そこで出すか!」と思いました。
出川さんも見てる。
石破さんは前からわかってますが、見て考えてる。

本当にヒットしたんですね、この映画。
怪獣映画ではないと思いましたし、あれは日本人以外には共感呼ばないかもしれない。
震災前だったら、ピンと来なかったかもしれない。

でも、改めて本当にすごいたくさんの人が見たんだと思いました。
そして、問題と思った。
考えたってことなんですねえ。


スポンサーサイト

Comment

この番組面白そうですね
編集
ようつべで見られないかな?
番組名とか・・・教えていただきたいです。
2017年12月13日(Wed) 00:49
地味JAM尊 さん
編集
>
地味JAM尊さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
返信遅くなってすみません。

この番組は「出川哲朗のアイ・アム・スタディー 今年のキーワードを出川が専門家から学びまくる!」という番組でした。
他にもいろんな今年の話題を専門家に聞いてました。
「アニサキス」が出て来ます…。
何か食べながら見ていると…。
気を付けてくださいね。

おもしろかったですよ!
見られると良いですね。

コメントありがとうございました。。
2017年12月16日(Sat) 16:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL