こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。

早坂暁さん

脚本家の早坂暁さんが、お亡くなりになりました。
88歳でした。
…今、結構、ショック受けてます。

からくり人の切なさ、哀しさはすごいものがありました。
「花へんろ」を放送してほしいです。
この方の猫のエッセイも好きです。
大変楽しませていただきました。

この方抜きの娯楽はあり得なかったほど、早坂さんの描いたものは見てきました。
御冥福をお祈りします。
ありがとうございました。
…悲しいです。



スポンサーサイト

Comment

公園通りの猫たち
編集
こんにちは…お邪魔します。
脚本家の早坂暁さんがお亡くなりに…。
『夢千代日記』『花へんろ』…しかし、僕にとっては、やはり『必殺からくり人』となりますね。
『津軽じょんがらに涙をどうぞ』
『賭けるなら女房をどうぞ』
『鳩に豆鉄砲をどうぞ』
パターンに頼らず、設定を活かし、余韻を残す忘れられないドラマの数々。
早坂暁さん、今までありがとうございました。
ゆっくりとおやすみください…自由を愛する猫たちとともに。

2017年12月17日(Sun) 14:53
合掌
編集
私の思春期から青年期に大きな影響を与えてくれた方々がいます。
向田邦子さん、山田太一さん、倉本總さん、そして早坂暁さん。
私にとっての四天王の半数が鬼籍に入られたことになります。

特撮以外のTVドラマに夢中になった初体験は、NHK「天下御免」でした。
金曜夜8時放送でしたから、私はオンタイムでマカロニ刑事を観ていません。
コンテンツの面白さを初めて味あわせてくれたのは早坂氏だった訳です。

フィルムで繰り返し鑑賞できる「からくり人」は幸運でした。
「夢千代日記」あたりはビデオもアーカイブがされています。
でも、日本のドラマ史上に残るべき「天下御免」のテープは、全て上書きされてしまったという悲しい現実があります。
主演の山口崇氏が自宅で録画していた第一話と他の回の一部以外は、この世に現存していないという残酷。
残念です。

TVドラマ、TV映画の面白さを痛感させてくれた早坂さん、感謝しています。
2017年12月19日(Tue) 23:15
キラさん
編集
>キラさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>『夢千代日記』『花へんろ』…しかし、僕にとっては、やはり『必殺からくり人』となりますね。

あの切なさ、あれを大人になる前に見たらもう、忘れられません。
「仕事人」前の「必殺」シリーズは最後に見事に崩壊しますが、「からくり人」は娘のとんぼ、へろ松ちゃん以外の実働するメンバー全滅という凄まじさ。

>『津軽じょんがらに涙をどうぞ』
>『賭けるなら女房をどうぞ』
>『鳩に豆鉄砲をどうぞ』

全て名作ですね。
「津軽じょんがらに涙をどうぞ」の岡田さんは最高だと思います。
「賭けるなら女房をどうぞ」は古川ロックさんの代表作じゃないですか。
「鳩に豆鉄砲をどうぞ」は、衝撃でしたねえ…。
少しの出演ですが、岸田森さんの存在感のすごさ。

>パターンに頼らず、設定を活かし、余韻を残す忘れられないドラマの数々。

最後まで、どういう展開するか気が抜けないんですよね。

早坂暁さんにはどれだけ楽しませていただいたか。
愛する猫たちと再会されているかな。
早坂さんの作品は、いつまでも語られるものだと思います。

コメントありがとうございました。
2017年12月22日(Fri) 22:29
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>私の思春期から青年期に大きな影響を与えてくれた方々がいます。
>向田邦子さん、山田太一さん、倉本總さん、そして早坂暁さん。
>私にとっての四天王の半数が鬼籍に入られたことになります。

これ!
すごく共感します。
この方たち、忘れられませんね。

向田邦子さんは、ショックでした…。
山田太一さんは「早春スケッチブック」が好きです。
あの山崎努さんもすごく良かった。

>特撮以外のTVドラマに夢中になった初体験は、NHK「天下御免」でした。
>金曜夜8時放送でしたから、私はオンタイムでマカロニ刑事を観ていません。
>コンテンツの面白さを初めて味あわせてくれたのは早坂氏だった訳です。

この当時はテレビは一家に一台でした。
家も親がNHKの大河を見る、時代劇を見ると決めると、他のものは見られませんでしたしね。
「天下御免」は、私の周りでも「あれはおもしろかった!」という方が多いです。

>フィルムで繰り返し鑑賞できる「からくり人」は幸運でした。
>「夢千代日記」あたりはビデオもアーカイブがされています。

これは本当に残っていて良かったと思います。
しかし…。

>でも、日本のドラマ史上に残るべき「天下御免」のテープは、全て上書きされてしまったという悲しい現実があります。

ほ、ほんとに…。
フィルムは貴重なものなので、上書きされると聞いたことがありますが…、何という…。

>主演の山口崇氏が自宅で録画していた第一話と他の回の一部以外は、この世に現存していないという残酷。

当時、一般の家庭にはなかった録画機器が山口さんの家にはあって、そこで録画されていた…というドラマはこれですか。

>残念です。

もう見る術がないですね。
うーん…。
山口さんには感謝しきれません。
早坂さんの訃報を聞いて、これからますます寂しくなっていくんだなと思いました。

コメントありがとうございました。
2017年12月22日(Fri) 22:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL