FC2ブログ
マンガを実写化するのに、難しいのはキャストでしょうね。
アニメ化の声だって、難しい。
絵があると、それぞれ、読者にはイメージというものができてるでしょうから。

それでも俳優さん女優さんは、さすがプロ。
ちゃんとイメージを壊さないで演じたり、イメージが違ってもぴったりにしていたり。
伊藤潤二さんのホラーで、人を破滅させる超美少女「富江」は、菅野美穂さんが見事に演じていました。

名作と言われるマンガは、当たり前だけどファンが多くいる。
長くファンでいる人も多い。
そんな名作マンガのひとつ、山岸凉子さんの「日出処の天子」。

絶世の美少年で、超能力者の厩戸王子。
誰が演じたらいいだろう。
私は、厩戸王子は若い頃の美輪明宏さんがピッタリな気がしてます。
エキセントリックであり、菩薩のような笑みもできる。

魔少年の部分も、あの美輪さんならうまく出せるんじゃないでしょうか。
木の上からぶらーん、と、逆さになって敵の前に現れ、「私はもう疲れた」と言う。
「そなたの血を流して、おしまいにしよう」。
美輪さんがやったら、怖いでしょうね。

母親に恐れられ、母の愛を得られない王子は、徐々に女性全体に憎しみを持って行く。
「姉上はそなたを化け物だと言っている」と、叔父である相手に告げられ、傷つく。
それでもなお、どこかで人を愛したい。

愛されたい。
葛藤と苦悩。
そうしたあらゆる感情を伏せ、神のようにふるまう。
美女に化けるのも、着飾る。

政敵を葬って自分たちを守って行くためには、冷酷にならざるを得ない。
自分たちが生存するために。
美輪さんなら似合うでしょう。
相手役の毛人は、誰が良いかちょっとわからないんですが。


スポンサーサイト
2018.03.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3533-c953fba2