FC2ブログ
TOP日常生活 ≫ 帝王、テイオー

帝王、テイオー

トウカイテイオーという馬がいた。
競馬をよく知らない時に初めて、ほとんど初めて目の前で遭遇した馬だった。
歩き方が、フワフワ、フワフワと実に特長的だった。

まるで柔らかいところを、弾んでいるような歩き方をする馬だった。
いまだにあんな歩き方をする馬は、見たことがない。
トウカイテイオーの父馬は、日本競馬史上最強と言われているシンボリルドルフ。
皇帝と呼ばれていた。

とにかく負けない。
一度だけ負けた馬がいたが、次にはきっちり返り討ちにしていた。
「オグリキャップは僕らの友達だ」と書いた作家がいた。
その時、「シンボリルドルフ、あれは皇帝だ。友達にはならない」と書いていた。

皇帝を父に持ったテイオー。
帝王である。
しかしこのテイオーは近寄りがたい父とは違って、何かほのぼのするところがあった。

テイオーは父と同じ、無敗でダービー馬となった。
この時、父の前年の三冠馬で、父についに勝てずに終わったミスターシービーの息子が2着だった。
競馬のおもしろいところです。

テイオーは強い馬だった。
だけど、父と違って、足が弱いところがあった。
ジャパンカップで並みいる外国馬を抑えて勝利し、臨んだ有馬記念。

テイオーは勝てなかった。
今年最後の有馬記念で、一番人気が勝てなかったためか、競馬場から帰る人たちは沈んでいたように見えた。
このレース後、テイオーはケガが判明し、休養に入った。

そしてテイオーが復帰したのは、1年後。
有馬記念だった。
このレースにはその年、G1というグレードレースの一番を勝った名馬が揃った。

当時、三冠レースをライバルたちと分け合った末、最強になりつつあった馬がいた。
しかもその馬の手綱を取るのは、以前、テイオーに乗った騎手だった。
いくら何でも1年ぶりで走る馬は、勝てないだろう。

常識的に考えて、当たり前のことだ。
1年、激しい訓練と戦いに勝ってきた馬たちの中で休養していた馬が勝てるなんて、ありえない。
私はテイオーが好きで、ありがとうという意味で馬券を買った。
買ったけど、彼が勝てるなんて思っていなかったのだ。

レース、最後の直線。
当時の最強馬がトップに出た。
その時、猛然と背後から飛んでくるように走って来た馬がいた。

最強馬の背に乗っていた騎手には、すぐわかったと言う。
テイオーだ。
テイオーしかいない、と。

ビワハヤヒデとテイオーが並ぶ。
テイオーが前に出る。
そこがゴールだった。

アナウンサーも絶叫した。
「一年ぶりのっ…」。
ここで声が途切れた。
「…レースを制しましたっ!」

信じられないものを見たと思った。
冗談ではなく、人生の中で奇跡と呼べるものを見たと思った瞬間だった。
テイオーの手綱を取った騎手も、泣いていた。

自分ではなくて、彼が自分で勝ち取った勝利だと言っていた。
残念ながら、この騎手は後に薬物事件を起こして、競馬界から消えた。
そのため、この感動的な奇跡のレースが放送で流れることが、ほとんどない。
しかし、目の前でこの奇跡を見た自分は、忘れない。

ものすごいものを見せてもらったと言う思いは、今も消えない。
筋書きのないドラマどころではない。
奇跡を見たと思っている。

回りくどい話をして、すみません。
羽生結弦選手、あなたはまるで、トウカイテイオーです。
おめでとうございます。

いや、すごい。
こんなことって、あるんだな。
競馬の話をしましたが、失礼な意味はまったく、ありませんので、ご容赦を。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL