FC2ブログ
「DEVIL MAN ~cry baby~」をネットフリックスで見ました。
おおっ、公開してる!
しかも、全部。
シーズン1ということは、この先も作るのかな?

テレビシリーズではない、前にアニメを見ましたが、良くできてました。
シレーヌ編でその先を見ていませんが。
今回のネットフリックスのシレーヌ編は、あれほど血みどろではありませんでした。

しかし、シレーヌは魅力的なキャラクターです。
いかにも私好み…、とわかってしまうようなキャラクターですが、本当に魅力的。
そんな甘いこと言ってる人間なんて、平気で切り刻みそうなキャラクターですけど。

彼女はデビルマンが許せない。
人間の分際で、愛するアモンを乗っ取るなんて!
彼女の前にいるのは、愛するアモンの姿をした人間。

憎い。
でもアモンとは繋がっていたい。
いや、この手で八つ裂きにするのが、シレーヌの愛。

デーモン族に愛なんてないはず。
しかし、デーモン族の愛し方というのを見せるのがシレーヌ編。
アモンとシレーヌ、そしてシレーヌとカイム。

デビルマンによって、自らの爪で体を貫かれるシレーヌ。
頭の翼は片方、デビルマンに引き千切られた。
ゼノンに助けを求めるも、やってきたデーモンはデビルマンの敵ではない。

落ちて行くシレーヌを見た、カイムはもう我慢できない。
デーモンの姿に戻り、シレーヌの前に現れる。
自分と合体して、デビルマンを倒せと言う。

血まみれのシレーヌは、あたしはもうすぐ死ぬのよと言う。
敵役が魅力的であればあるほど、物語は盛り上がる。
魅力的どころか、ここから先は、シレーヌが私の中では主役。

「血まみれでもシレーヌ、君は美しい」。
出ました、名セリフ!
そしてそれにふさわしい、シレーヌというキャラクター!

天使より美しいと言われる悪魔・シレーヌ。
危険で禍々しくて、美しい。
あの造形が、素晴らしい。
デザインが、デーモンとして秀逸です。

「バイオレンスジャック」ではシレーヌは一瞬で、あっさりジャックにやられて退場。
悲しい!
でも「デビルマンレディー」では、しっかり地獄でデビルマンと再会してて良かった。

シレーヌに加勢しようと飛び出したカイムが、デビルマンを傷つける。
その瞬間、シレーヌは悲鳴をあげ「アモーン!」と叫んでしまう。
哀しい。
さらには、カイムも哀しい。

その時、シレーヌは思う。
自分はアモンとつながっていたくて、戦っていたのかと。
こんな自分をシレーヌは、許せない。

醜い!
天使より美しいと言われる悪魔・シレーヌが醜い…。
自分の恋心が醜いと、シレーヌは打ちひしがれる。

ストイック過ぎる、シレーヌ。
潔癖過ぎる。
完璧過ぎる。
自分に厳し過ぎる!

シレーヌはメデューサに、自分を石にしろと叫ぶ。
石になったシレーヌを見たカイムは、俺に君の笑顔さえ見せてくれないのかと嘆く。
この辺り、私はデビルマンそっちのけです。

地獄で、美しい悪魔が石になっている。
その横には、獣が寄り添っている。
ずっとずっと、永遠に変わらない2体の悪魔…。
何て、哀しい。

この後、最終回でカイムが地上で肉体を得ることになる。
その時、シレーヌも同じだろうとカイムは探す。
するとシレーヌは、黒いシレーヌとして肉体を得ている。
「黒い!しかし美しい!」

シレーヌはどこまでも、美しいデーモン。
作者のインスピレーションも、シレーヌは掻き立てるんでしょうねえ。
彼女が絡むと、話がおもしろくなると思います。
かつての映画みたいな立ち位置ではない、このシレーヌを演じるのは誰が良いだろう…。



スポンサーサイト
2018.02.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3542-63037f17