FC2ブログ
猫と暮らし、猫がいなければ耐えられない私ですが、犬も大好きです。
小さい頃は家に犬も猫もいました。
先週、GW最終日の夜に、警察犬が出て来るサスペンスドラマを放送していました。

この警察犬がシェパードじゃなくて、モフモフした大型のワンちゃん。
今は警察犬もいろんな犬種がいるんですね。
小さいワンちゃんもいる。

犬が関わるサスペンスって、良い話が多くて今でも覚えているドラマがいくつかあります。
「太陽にほえろ」では勝野洋さんが演じるテキサス刑事と、強盗犯が操るシェパードの交流話がありました。
あの時、ドーベルマン犬を強盗に使う映画が流行ったんですが、それにヒントを得た話だと思います。

シェパードを使って現金強奪に成功するものの、1頭だけ事故で帰れなくなる。
その犬を介抱するのが、テキサス刑事。
犬の名前が、ナポレオンでした。
ナポレオンと絆ができたと思われたテキサス刑事ですが、土壇場で犯人はナポレオンにテキサスを襲うように命令。

恐怖で支配されていたナポレオンは、思わずテキサスを襲ってしまいます。
囚われたテキサスに、すまなそうに寄り添うナポレオン。
良いんだよと慰めるテキサス。

最後のクライマックスは、もう、おわかりですね!
ナポレオンを恐怖で支配していた犯人は、ナポレオンに逆襲される。
テキサス刑事はナポレオンにサポートされ、見事、解放されて犯人を逮捕する。

このナポレオンは後に警察犬として活躍し、テキサス刑事と再会。
さらにテキサス殉職後、このナポレオンはテキサスの敵討ちもしてくれます。
それが犬の耳で記憶している電話番号が、事件解決につながるんです。

ボスが電話のダイヤルを回すと、ナポレオンが鳴く。
その番号が決まっているところから、ボスが気づいて電話番号を割り出すというもの。
荒唐無稽な話に思えますが、犬好きの子供や大人は感動して見ていました。
「凍える牙」など、犬とサスペンスドラマは相性が良いです。

覚えている方はいないかもしれませんが、「仕事人」のお加代ちゃんこと、鮎川いずみさんが出た火曜サスペンス劇場。
これもシェパードが出るサスペンスでした。
鮎川さんは敵側。
愛人の女性と夫が共謀して、資産家の妻を殺害しようと計画します。

それをことごとく阻止するのが、妻の愛犬。
しかし愛犬が雷の音に怯えたところにヒントを得た夫は、音を利用し、最後には犬を毒殺しようとします。
これに至って妻の我慢も限界。
妻の目に殺意が宿ります。

その妻と目が合った愛犬の目が、光ります。
地下のワイン蔵で、気持ち良く酔っぱらった夫。
珍しく愛犬が夫に尻尾を振ります。

それを見た夫は「そうだよなあ。お前はただの犬だ。それが俺たちに敵対するなんて考えすぎだったな」と笑う。
階段を上った夫に、犬が上から飛びかかる。
足を踏み外して、転落していく夫。
見つめる犬。

夫の死因は、事故死ということになった。
海辺で犬を連れた妻は、愛人と向かい合う。
「あなたに負けたんじゃないわ」と愛人が言う。

「その、犬に…、負けたのよ」。
愛人の言葉を無視した妻は、傍らの犬に声をかける。
「さあ、帰りましょう」。

マドンナたちのララバイが流れる…。
タイトルも忘れてしまいましたが、これも良いドラマでした。
犬とサスペンスドラマは、相性が良いです。


スポンサーサイト
2018.05.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kotatuneco.blog59.fc2.com/tb.php/3571-b7ecde35