FC2ブログ
TOP ≫ 私は犬だって大好き

私は犬だって大好き

猫と暮らし、猫がいなければ耐えられない私ですが、犬も大好きです。
小さい頃は家に犬も猫もいました。
先週、GW最終日の夜に、警察犬が出て来るサスペンスドラマを放送していました。

この警察犬がシェパードじゃなくて、モフモフした大型のワンちゃん。
今は警察犬もいろんな犬種がいるんですね。
小さいワンちゃんもいる。

犬が関わるサスペンスって、良い話が多くて今でも覚えているドラマがいくつかあります。
「太陽にほえろ」では勝野洋さんが演じるテキサス刑事と、強盗犯が操るシェパードの交流話がありました。
あの時、ドーベルマン犬を強盗に使う映画が流行ったんですが、それにヒントを得た話だと思います。

シェパードを使って現金強奪に成功するものの、1頭だけ事故で帰れなくなる。
その犬を介抱するのが、テキサス刑事。
犬の名前が、ナポレオンでした。
ナポレオンと絆ができたと思われたテキサス刑事ですが、土壇場で犯人はナポレオンにテキサスを襲うように命令。

恐怖で支配されていたナポレオンは、思わずテキサスを襲ってしまいます。
囚われたテキサスに、すまなそうに寄り添うナポレオン。
良いんだよと慰めるテキサス。

最後のクライマックスは、もう、おわかりですね!
ナポレオンを恐怖で支配していた犯人は、ナポレオンに逆襲される。
テキサス刑事はナポレオンにサポートされ、見事、解放されて犯人を逮捕する。

このナポレオンは後に警察犬として活躍し、テキサス刑事と再会。
さらにテキサス殉職後、このナポレオンはテキサスの敵討ちもしてくれます。
それが犬の耳で記憶している電話番号が、事件解決につながるんです。

ボスが電話のダイヤルを回すと、ナポレオンが鳴く。
その番号が決まっているところから、ボスが気づいて電話番号を割り出すというもの。
荒唐無稽な話に思えますが、犬好きの子供や大人は感動して見ていました。
「凍える牙」など、犬とサスペンスドラマは相性が良いです。

覚えている方はいないかもしれませんが、「仕事人」のお加代ちゃんこと、鮎川いずみさんが出た火曜サスペンス劇場。
これもシェパードが出るサスペンスでした。
鮎川さんは敵側。
愛人の女性と夫が共謀して、資産家の妻を殺害しようと計画します。

それをことごとく阻止するのが、妻の愛犬。
しかし愛犬が雷の音に怯えたところにヒントを得た夫は、音を利用し、最後には犬を毒殺しようとします。
これに至って妻の我慢も限界。
妻の目に殺意が宿ります。

その妻と目が合った愛犬の目が、光ります。
地下のワイン蔵で、気持ち良く酔っぱらった夫。
珍しく愛犬が夫に尻尾を振ります。

それを見た夫は「そうだよなあ。お前はただの犬だ。それが俺たちに敵対するなんて考えすぎだったな」と笑う。
階段を上った夫に、犬が上から飛びかかる。
足を踏み外して、転落していく夫。
見つめる犬。

夫の死因は、事故死ということになった。
海辺で犬を連れた妻は、愛人と向かい合う。
「あなたに負けたんじゃないわ」と愛人が言う。

「その、犬に…、負けたのよ」。
愛人の言葉を無視した妻は、傍らの犬に声をかける。
「さあ、帰りましょう」。

マドンナたちのララバイが流れる…。
タイトルも忘れてしまいましたが、これも良いドラマでした。
犬とサスペンスドラマは、相性が良いです。


スポンサーサイト

Comment

私も大好き
編集
ちゃーすけさん、こんにちは。

私も見ました。
もふもふの警察犬。
もふもふの毛をなびかせて走ったり、
小さな尻尾を一生懸命振ってる姿が可愛かった。
昔はドーベルマンやシェパードが普通だったけど、
今では小型犬でも警察犬普通ですね。
もふもふの大型犬は珍しいかも。
でも、気は優しくて力持ちって言葉が似合うワンちゃんでした。

ワンコが出るミステリー系作品は見逃しません。
犬猫どっちも飼っていたことがあるし、どっちも同じくらい好きです。
だけど、今回のドラマのワンちゃんはぱっと見見たことない犬種で。
番組のサイトを見たら、ラブラドゥール犬。と言う品種らしいとあって、
それをヒントにサーチしたら
オーストラリアン・ラブラドゥールという、まだ新しい犬種みたいでした。
抜け毛がなく、動物の毛アレルギーの起きにくい犬種で。
使役犬というとあれですが、
動物のアレルギーのある障害者のために盲導犬とか、
介助犬に適した品種を目指してできたとか。

紹介された太陽に吠えろや他の刑事ドラマでも、
犬猫が出てると普段見なくても見入っちゃいます。
ワンコの刑事物というと年がばれますが、ちゃーすけさんはご存じかしら、
「刑事犬カール」とか子供の頃大好きでした。
現在、竹中直人夫人の木之内みどりさんがシェパード刑事カールの相棒でした。
同系統のアメリカのアクション映画「K-9 友情に輝く星」とかも好きです。
ああいうドラマや映画、ちょくちょくやって欲しいですね。
また、遊びに来ます。
2018年05月14日(Mon) 12:35
『刑事犬カールⅡ』は覚えてないや(笑)。
編集
こんばんは…おじゃまします。
犬のドラマと聞いて、僕が真っ先に思い出すのは『刑事犬カール』
主演は、放送当時人気アイドルだった木之内みどりさん。
当初、僕は賢くて勇敢なカールを目当てにドラマ観ていたはずでした…が、少年心(ごころ)に奇妙な甘酸っぱさを感じさせる、木之内みどりさんの存在に、いつの間にか興味が移ってしまいまして…今さらですが、反省の意をカールに伝えたい今日この頃です(笑)。
2018年05月17日(Thu) 23:37
梨雪さん
編集
>梨雪さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>私も見ました。
>もふもふの警察犬。

ご覧になりました?!
かわいかったですよね!

>もふもふの毛をなびかせて走ったり、
>小さな尻尾を一生懸命振ってる姿が可愛かった。

がんばれ!って見ながら声援送りました。

>昔はドーベルマンやシェパードが普通だったけど、
>今では小型犬でも警察犬普通ですね。

ちっちやいワンちゃんが警察犬って知った時は、驚きました。
でも小さい子には大きな子ができないことができる。
みんなの特性を生かす時代になったんですね。

>もふもふの大型犬は珍しいかも。
>でも、気は優しくて力持ちって言葉が似合うワンちゃんでした。

珍しいワンちゃんでしたね。
まさに優しくて力持ちのワンちゃんでした。
最後に見せた行動、あれに心打たれない人間は…。

>ワンコが出るミステリー系作品は見逃しません。

私も何ですよー。

>犬猫どっちも飼っていたことがあるし、どっちも同じくらい好きです。

どっちも違ったかわいさがありますよね。
慕ってくれたら、どちらでもかわいくなります。

>だけど、今回のドラマのワンちゃんはぱっと見見たことない犬種で。
>番組のサイトを見たら、ラブラドゥール犬。と言う品種らしいとあって、
>それをヒントにサーチしたら
>オーストラリアン・ラブラドゥールという、まだ新しい犬種みたいでした。

初めて聞く犬種です。
ラブラドゥールというと、レトリバーとか、ゴールデンを連想してしまいます。

>抜け毛がなく、動物の毛アレルギーの起きにくい犬種で。

えっ、あんなにモフモフなのに抜け毛がない!

>使役犬というとあれですが、
>動物のアレルギーのある障害者のために盲導犬とか、
>介助犬に適した品種を目指してできたとか。

なるほど。
待望の…、という感じですね。
賢くて、優しそうなのも納得。

>紹介された太陽に吠えろや他の刑事ドラマでも、
>犬猫が出てると普段見なくても見入っちゃいます。

はい、大丈夫かな、大丈夫かなと心配しつつ見てしまいます。

>ワンコの刑事物というと年がばれますが、ちゃーすけさんはご存じかしら、
>「刑事犬カール」とか子供の頃大好きでした。

し、知ってますよおー!
友人の弟さんは、子供の頃、シェパード見ると「カール!」って言ってました。

>現在、竹中直人夫人の木之内みどりさんがシェパード刑事カールの相棒でした。

あっ、そうだったんですね。
綺麗で男の子に人気がありました。
刑事は加納竜さんでしたよね。
いつも事件解決するのは、カールだけど、楽しかったなー。

>同系統のアメリカのアクション映画「K-9 友情に輝く星」とかも好きです。

あれも好きですよ!
ダメダメなはずの警察犬が、主人公がバーでピンチに陥っている時は入り口に来ていた。
形勢逆転。
最後はプードルの彼女との恋も実って、めでたし。

>ああいうドラマや映画、ちょくちょくやって欲しいですね。

動物の撮影は大変なんでしょうけど、見たいですねー。
ブタが牧羊犬にチャレンジする「ベイブ」も楽しかったです。
すごーい昔に「ベンジー」という犬の映画がありまして、最近、リメイクを見ました。

犬と子供には、ほんと、かないませんね。
前に書いたことがありますが、「座頭市」でも市と犬が一緒に旅する話が好きです。
宮部みゆきさんの小説で、警察犬の視点から描いた作品がありましたが、あれが映像化したら見たいですねえ。

コメントありがとうございました。
2018年05月20日(Sun) 16:11
キラさん
編集
>キラさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>犬のドラマと聞いて、僕が真っ先に思い出すのは『刑事犬カール』

あっ、やっぱりですか。

>主演は、放送当時人気アイドルだった木之内みどりさん。

かわいい人でしたね。

>当初、僕は賢くて勇敢なカールを目当てにドラマ観ていたはずでした…が、少年心(ごころ)に奇妙な甘酸っぱさを感じさせる、木之内みどりさんの存在に、いつの間にか興味が移ってしまいまして…今さらですが、反省の意をカールに伝えたい今日この頃です(笑)。

木之内みどりさんは、子供から大人まで人気がありました。
確か…、女性に、大人気だった世良公則さんも好きなタイプの女性は、木之内みどりさんと答えていたような。
お姉さまがたが騒いでいたのを、うっすら覚えています。

カールも木之内さんが好きだったと思いますよ!
キラさんのことも理解してくれるでしょう(笑)!

コメントありがとうございました。
2018年05月20日(Sun) 16:35
ベンジー知ってます。
編集
ちゃーすけさん、ベンジー知ってます。
リメイク版は見てないですがオリジナルは見てます。
ベイブも見てます。
歌って踊る牧羊豚。
あれも面白かったですね。
色々動物映画の名作はありますが、
「オルカ」だけは再見する勇気がない。
あれは人もオルカも悲惨すぎ
映画好きだった両親が二度と見たくない映画にタイタニックとオルカをあげたほど。
ラストがあまりにショックでした。
タイタニックはヒロインを守るためですが。
オルカは今思い出しても泣けます。
ではまた来ますね。
2018年05月24日(Thu) 19:44
梨雪さん
編集
>梨雪さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ちゃーすけさん、ベンジー知ってます。
>リメイク版は見てないですがオリジナルは見てます。

ご存知ですか~?!
かわいかったですよね!

>ベイブも見てます。
>歌って踊る牧羊豚。
>あれも面白かったですね。

おもしろかったですねえ。
おじいちゃんが牧羊豚連れて来て、見ていた家族は卒倒してしまう。
それが優勝するんですから。

>色々動物映画の名作はありますが、
>「オルカ」だけは再見する勇気がない。

ああ…。
私、再見してしまいました…。
最後、仇を討って海に去って行くのは覚えていたんですが、あれ…。
あれはただ去って行ったのではないじゃないですか。
悲しすぎました。

>あれは人もオルカも悲惨すぎ
>映画好きだった両親が二度と見たくない映画にタイタニックとオルカをあげたほど。

奥さんのオルカが釣り上げられた直後、子供を出産するショック。
それを見つめる夫のオルカ。
釣り上げた漁師も、妻と子を失っている。
自分がどれほど、ひどいことをしたのか知っている。
オルカの復讐が始まる。

>ラストがあまりにショックでした。

賢いオルカは、自分が罪もない人にひどいことをしたこともわかっていた。
だから最後に…。

>タイタニックはヒロインを守るためですが。
>オルカは今思い出しても泣けます。

タイタニックのヒロインは、助けてもらった命で、彼の望んだとおりにちゃんと生きた。
救いがありました。
でもオルカは。
そっちは氷の海。
絶望しかなかったです。

あー、覚えている方がいらっしゃったんですね。
私、オルカの目は覚えていました。
出演者が「ジョーズ」と同じではない、こっちは哀しく切ない人間とオルカのドラマだって言ってましたがその通りでした。
シャチを見ると、オルカを思い出します。

シャーロット・ランプリングは好きな女優ですが。

コメントありがとうございました。
2018年05月24日(Thu) 22:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL