FC2ブログ

こたつねこカフェ

癖のある俳優さん、悪役さんが大好きです。時代劇、ドラマ、映画、俳優さんのことを好きに書いています。
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP草なぎ剛さん ≫ 失って再生する 「クソ野郎と美しき世界」

失って再生する 「クソ野郎と美しき世界」

「クソ野郎と美しき世界」。


通勤路の途中や、家から結構近いところに上映館がありましてね。
会社終わってから間に合う上映時間あり。
しかし、休日にも行けるということで見てきましたよ。
だって2週間しか上映しないって、聞いたから。

気になるじゃないですか。
今の彼らが。
その彼らの映画ですから、これは見ておこうと。
4部のオムニバス構成。

まず「ピアニストを撃つな」。
稲垣吾郎さん主演。
役は、稲垣さん自身です。
園子温監督なんですね、前衛的にチャレンジしたのかな。

「慎吾ちゃんと歌食いの巻」。
香取慎吾さん主演。
こちらも役は、香取さん自身です。

歌食いに持ち歌が食われ、歌えなくなってしまう。
何だか、すごく心に迫る設定。
歌えない…。

忘れてしまった歌の歌い始めが「あ」。
「あれから僕たちは…」、「夜空ノムコウ」?
「き」は、何だろう。

「せ」は、これは「世界に一つだけの花」でしょう?
かなり、メッセージ性、強い。
ファンへの気持ちがこもっている話。

「光へ、航る」。
草なぎ剛さん主演。
役は、元ヤクザ。

病気で亡くなった子の手を移植された子供に、破綻しかかっている夫婦で会いに行く話。
妻は尾野真千子さん。
言葉だけ書けば、とても乱暴だが、彼の口から出ればそれは違う。
愛情が込められているのが、わかる。

これを見て思ったんですが、草なぎさんの演技は抜けてます。
吾郎ちゃん、慎吾ちゃんを落とすわけじゃないんです。
ただ、草なぎさんは別格だと再認識。
別格の演技をする。

この人、良い役者だ。
演技、見たい。
太田光さんは良く、こらこら話の腰を折るなと思ったりしてまして。
監督としてどうなんだろうと思いましたが、うまかったです。

こんな映画撮れる感性をお持ちなんですね。
笑いのシーンは、やっぱりさすが。
この話だけで、映画1本できると思います。


どの話でも、彼らは大切なもの、世界を失っている。
それを取り戻そうとする過程で、自分たちにとって何が大切か気づく。
最後は豪華なショー。

しかしこれでそれぞれ別の話と思えた話が、つながる。
彼らは最後に再生するのだと思える。
おお、良い構成ですね。

見ていて思ったのは、この映画は彼らが通らなくてはならない道だということ。
なくして、大切さ、大きさに気付いて。
そしてこの映画は、解散報道がされてからずっと、傷ついた思いでいたファンへのメッセージだと思いました。
私はSMAPファンというわけじゃないですが、心を痛め、心配していたファンはこれを見て「良かった」と思えたのでは。

もっと宣伝しても良かったと思えるんですけどね。
どうしてこんなにも扱いが少ないんだろう。
歌食いに食われた香取さんが、歌っているのを見て、ああ、良かったなと本当に思えました。
稲垣さん、香取さん、草なぎさんの3人、私はやっぱり、絶対、応援したい。


スポンサーサイト

Comment

取り上げてくださってありがとうございます
編集
見てくださったんですね。
ありがとうございます

適材適所を実践した映画、3人の自己紹介文のような映画だと思いました。
チャースケさんの仰るように、クサナギさんは他の二人とは違います
それは稲垣さんも香取さんもハッキリと「クサナギは天才」
だと、言っています。
それぞれの得意分野をファンだけでなく、むしろ同業者にPRするような映画だと思いました。
諸事情で宣伝もできず、公開前の試写会もなく、ファンの口コミだけが頼りの映画です。
退社後の3人を見て、色々思うことはありますが、日々実感しているのは
「5人でなく、3人で出発できて良かった。」
個性豊かな面々ですが、この3人はこの道を選んで正解だったと確信しました

チャースケさん、いつも応援ありがとうございます。
ファン以外の感想を聞くのが、大好きです
不躾ですが、、お時間がありましたら「新しい地図」のサイトを覗いていただけないでしょうか?
彼らはパラスポーツ支援のために曲を発表し消費税を抜いて全額寄付しています
3人の活動をファン以外の方にも知っていただきたい。
図々しくお願いしまして、ごめんなさい。
もうひとつ、図々しく、、
キヤノンCMでクサナギさんの愛犬クルミがCMデビューしています
とても美しいフレンチブルドッグです。
ちょっと見てみてください、、

長々と失礼しました
ありがとうございました。
2018年04月09日(Mon) 17:37
パイナップルさん
編集
>パイナップルさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>適材適所を実践した映画、3人の自己紹介文のような映画だと思いました。

吾郎ちゃんもあの雰囲気は吾郎ちゃんにしか出せないと思いました。
香取さんの芸術的な才能と言い、3人の個性を十分に出していましたね。

>チャースケさんの仰るように、クサナギさんは他の二人とは違います
>それは稲垣さんも香取さんもハッキリと「クサナギは天才」
>だと、言っています。

これはもう、今回はハッキリわかりました。
草なぎさんの演技力は、別格です。
まるで何かに憑依されて、自分以外のものになっているかのようです。

>それぞれの得意分野をファンだけでなく、むしろ同業者にPRするような映画だと思いました。

そうですね!
これを見て、使いたいと思った人たちもいるはずです。

>諸事情で宣伝もできず、公開前の試写会もなく、ファンの口コミだけが頼りの映画です。

これですねえ…。
どうしてどこも取り上げないんでしょう。
あまりにも不自然、不甲斐ない。

>退社後の3人を見て、色々思うことはありますが、日々実感しているのは
>「5人でなく、3人で出発できて良かった。」
>個性豊かな面々ですが、この3人はこの道を選んで正解だったと確信しました

なるべくしてこの形になった感じがします。
良かったと思います。

>チャースケさん、いつも応援ありがとうございます。
>ファン以外の感想を聞くのが、大好きです

そうなんですよ、私は元々、「アイドルかぁ…」ぐらいの認識しかなかったんです。
しかも草なぎさんに注目したのは、草なぎさんの泥酔事件以後。
あの逆境と言うか、スターとして致命的かもしれない状況からしなやかに抜け出して、演技で結果を出す。
すごいと思ったのが、きっかけなんです。

>不躾ですが、、お時間がありましたら「新しい地図」のサイトを覗いていただけないでしょうか?

見ましたよ~!

>彼らはパラスポーツ支援のために曲を発表し消費税を抜いて全額寄付しています
>3人の活動をファン以外の方にも知っていただきたい。

これはすごく良い活動ですね。
もっとこれは広めるべきというか、何でどこも取り上げないの?
もう、メディアに不信感…。

>図々しくお願いしまして、ごめんなさい。

いえいえ。

>もうひとつ、図々しく、、
>キヤノンCMでクサナギさんの愛犬クルミがCMデビューしています
>とても美しいフレンチブルドッグです。
>ちょっと見てみてください、、

これも見ましたよ~!
「ぷっすま」でもクルミちゃん見ました。
か~わいい。
草なぎさんとの信頼関係を感じました。

文藝春秋の3人の対談も読みました。
今度、これについても書きたいと思います。

コメントありがとうございました。
2018年04月14日(Sat) 21:11
ご無沙汰しました
編集
本日はこのあとお休みで、この映画を見に行こうと上映館を探したら・・・なし!
びっくりしまして、ちゃーすけさんならきっとご覧になっているだろうと久しぶりに参上させていただきました。

たった2週間の公開だったのですね!
あまり宣伝されなかったのは、この公開期間の短さあのせいかもしれないですね。
もったいないなぁ・・・。

こうなったらDVDレンタル開始を、おとなしく待つ事にします。^^;
2018年04月22日(Sun) 06:21
オギャンさん
編集
>オギャンさん

お久しぶりです。
ご無沙汰しております。

コメントありがとうございます。

>本日はこのあとお休みで、この映画を見に行こうと上映館を探したら・・・なし!

この映画、2週間限定公開だったんですよ!

>びっくりしまして、ちゃーすけさんならきっとご覧になっているだろうと久しぶりに参上させていただきました。

ありがとうございます。
最初の公開された週末に見に行って来ました。

>たった2週間の公開だったのですね!
>あまり宣伝されなかったのは、この公開期間の短さあのせいかもしれないですね。
>もったいないなぁ・・・。

見逃してしまった人も多数いるのでは。
興味ある人は多かったはずですし、1ヵ月は公開してほしかったです。
おもしろい構成になってましたし、太田さんにああいう作品が作れるとは。
失礼ですが意外でした。

>こうなったらDVDレンタル開始を、おとなしく待つ事にします。^^;

早くたくさんの人が見られる機会が訪れると良いと思います!
やっぱり、彼らには頑張ってほしい。

コメントありがとうございました。
2018年04月22日(Sun) 21:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL