FC2ブログ
TOP追悼・ありがとうございました ≫ 津川雅彦さん

津川雅彦さん

先週末に、私には一大事!ということが起きまして。
いや、バルコニーの外壁が崩落したんです。
何とか台風が来る前にどうにかならないかと気をもんでおりました。

そんな中、津川雅彦さんの訃報。
朝丘雪路さんの訃報の時に、津川さん、体調が悪いのではないかと心配していたのですが…。
津川さんにはほんとに、「必殺」シリーズで楽しませてもらいました。

緒形拳さんが亡くなる直前のお話をされていて、思わず「緒形あっ!出番だ!」と叫んだとか。
その瞬間、緒形拳さんがカッと目を開いた。
この後すぐにお亡くなりになった。
「見事だった」とおっしゃってました。

俳優としての最期の迎え方を、あの時から考えていらっしゃったと思います。
まるで、緒形さんの不在を埋めるように、一層、精力的に活躍されていたと思います。
津川さんの話なのに、ごめんなさい。
今度の週末は、津川さんの出演作を見よう。

自分の当たり前が、当たり前でなくなって行く。
こんなに寂しく悲しいこととは、昔は思いもしませんでした。
津川雅彦さんのご冥福をお祈りいたします。
長い間、楽しませてくださって、ありがとうございました…。

スポンサーサイト

Comment

あぁ、遠い…また遠くなっていく。
編集
こんにちは、お久しぶりです。
津川雅彦さんがお亡くなりに…。
あぁ、遠い…『必殺』の日々がさらに遠くなってしまった。
緒形拳さん、藤田まことさん、田村高廣さん、中谷一郎さん、林隆三さん、沖雅也さん『必殺』の盟友の皆さんともに、どうぞ安らかにおやすみください津川さん。
それでは、また…あの日、あの頃、あの人たちにしんみりと思いを馳せて…。
2018年08月08日(Wed) 12:17
寂しいですね。
編集
津川さんは、私の中では「名優」より「怪優」というポジションに居られまして、そこには例えば岸田森さんもいらっしゃいます。
遊ぶように役をこなし、観客を常に面白がらせる芸当は、狙ったってそうそうできないと思います。
必殺の津川さんは、それをパーフェクトにこなされた。
凄い男優さんでした。

実は、私にとって最も印象深い津川さんは、1980年のTBSドラマ「幸福」。
向田邦子さんのピーク時期の作品のひとつ。

ここでの津川さんは、無口な主人公たちの代弁者のような口八丁の脇役。
ハッキリ言って、脚本家が便利使いするキャラでした。

でも、そういう役回りをご自分の持ち味に引き付けて、抜群の面白さで描いてしまう存在感が素晴らしかった。
しかも、竹脇無我さん、岸恵子さんという主役をしっかり立てて、座組みを崩すような野暮はされません。
その不良性と上品さのバランスが本当にお見事でした。
向田さんもキャスティングに満足されてのアテ書きだったのでしょう。

本当にドラマや映画の面白さを堪能させていただきました。合掌。
2018年08月08日(Wed) 20:30
No title
編集
TOKYO-MXのバラエティで、女性問題を起こして仕事が無くなり、心機一転必殺仕事人で悪役を演じて再ブレイクしたなどと報じられておりました。
思わず画面に向かって「違うよ!!!」と叫んでしまいました。

映画「主水死す」で好演されていたのに、シナリオがひどい、演出もなんだかもたつきっぱなし。津川さん、藤田さんの頑張りがもったいなかったのが残念でした。
お二人がご健在のうちに、リメイクしてほしかった作品です。
2018年08月10日(Fri) 05:24
No title
編集
津川さんと緒形さんといえば晩年は「ミラーを拭く男」などで
共演されていたのを思い出します。
2018年08月10日(Fri) 08:34
兄(長門裕之)と同じ死に方
編集
久しぶりのコメントになります。
この津川雅彦さんには今は亡き兄の長門裕之さんがいましたが死に方が兄と同じ死に方でした。
津川雅彦さんが亡くなる前に数ヶ月前に妻の朝丘雪路さんが亡くなりました。
兄の長門裕之さんも妻の南田洋子さんが先に亡くなり、翌年に長門裕之さんも亡くなりました。
単なる偶然ですが、ちょっと驚きました。
あと、長門裕之さんと津川雅彦さんの妻は共に姉さん女房でした。
ご冥福をお祈りいたします。
2018年08月11日(Sat) 15:26
キラさん
編集
>キラさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>あぁ、遠い…また遠くなっていく。

まさに。
どんどん、当たり前に見ていた方たちが…。

>津川雅彦さんがお亡くなりに…。

ああ…、と思いました。

>あぁ、遠い…『必殺』の日々がさらに遠くなってしまった。

「必殺」を見ると、もう、この方もいらっしゃらない、この方も…ということが多くて。
「仕事屋」の「負けて勝負」の博打シーンなんて、草笛さんや二宮さんしかいらっしゃらない。
信じられない。

>緒形拳さん、藤田まことさん、田村高廣さん、中谷一郎さん、林隆三さん、沖雅也さん『必殺』の盟友の皆さんともに、どうぞ安らかにおやすみください津川さん。

津川さんは強烈な悪役でいくつかの作品に出て、その上で今度は仕事人側。
いかに必殺ファンに愛されたかということでもあります。
時が流れていくと言うのは、こういうことなんですねえ…。

>それでは、また…あの日、あの頃、あの人たちにしんみりと思いを馳せて…。

でも素晴らしい作品が今も見られて、本当に良かったです。
津川さんのご冥福をお祈りいたします。

コメントありがとうございました。
2018年08月12日(Sun) 11:20
kaoru1107さん
編集
>kaoru1107さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>津川さんは、私の中では「名優」より「怪優」というポジションに居られまして、そこには例えば岸田森さんもいらっしゃいます。

「必殺」での悪役ぶりを見ると、まさに「怪優」です。
ああ、岸田さんも縦横無尽に暴れてくれました。
今だと佐野史郎さんがそうですね。

>遊ぶように役をこなし、観客を常に面白がらせる芸当は、狙ったってそうそうできないと思います。

「仕置人」「助け人」「仕留人」「仕事屋」「仕置屋」「仕業人」。
この辺りの津川さんは遊んでいるようでいて、本当の顔はすごく冷酷で残酷で怖い。
しかし見ていておかしくもある。

>必殺の津川さんは、それをパーフェクトにこなされた。
>凄い男優さんでした。

あのキャラクターの数々は、津川さんならではですね。

>実は、私にとって最も印象深い津川さんは、1980年のTBSドラマ「幸福」。
>向田邦子さんのピーク時期の作品のひとつ。

>ここでの津川さんは、無口な主人公たちの代弁者のような口八丁の脇役。
>ハッキリ言って、脚本家が便利使いするキャラでした。

>でも、そういう役回りをご自分の持ち味に引き付けて、抜群の面白さで描いてしまう存在感が素晴らしかった。

ああ!
まさにおっしゃるように、津川さんのすごいところですね。
役を選ばないというか、すべての役を自分に引き付けてしまう。
しかし津川さんがやってくれなかったら、このドラマに説得力がなくなるという演技をされていました。

>しかも、竹脇無我さん、岸恵子さんという主役をしっかり立てて、座組みを崩すような野暮はされません。
>その不良性と上品さのバランスが本当にお見事でした。
>向田さんもキャスティングに満足されてのアテ書きだったのでしょう。

津川さんは下品な役もうまかったですが、それは崩せる基本の上品さがあってのこと。
俳優としての気難しさも、筋の通ったところも感じられて、まさに俳優さんでした。

>本当にドラマや映画の面白さを堪能させていただきました。合掌。

自分の表現よりも、人を楽しませることを考えていた方だと思いました。
寂しくなります。

コメントありがとうございました。
2018年08月12日(Sun) 11:28
オギャンさん
編集
>オギャンさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>TOKYO-MXのバラエティで、女性問題を起こして仕事が無くなり、心機一転必殺仕事人で悪役を演じて再ブレイクしたなどと報じられておりました。
>思わず画面に向かって「違うよ!!!」と叫んでしまいました。

これ、結構広まってるんですね…。
何か、いろいろ違う…。
でも時が経つと、これが事実として定着してしまうんですね。

>映画「主水死す」で好演されていたのに、シナリオがひどい、演出もなんだかもたつきっぱなし。津川さん、藤田さんの頑張りがもったいなかったのが残念でした。

津川さんは自分の役を怪しく演じてくれてましたね。
あれはねえ…、主水にも必殺にもあんまり思い入れがない作品に思えて…。

>お二人がご健在のうちに、リメイクしてほしかった作品です。

もうお二人とも、新作を見ることができない。
本当に寂しくなります。

コメントありがとうございました。
2018年08月12日(Sun) 11:32
巨炎さん
編集
>巨炎さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>津川さんと緒形さんといえば晩年は「ミラーを拭く男」などで
>共演されていたのを思い出します。

あーっ、ご存知でしたか!
この頃の緒形さんは中村嘉津雄さんとの「あつもの」とか、良い小作品に出演されていました。
どちらかというとまじめで、要領が悪く、融通が利かないのが緒形さんの役。
若い頃と逆なのがおもしろかったです。

寂しいですね…。
でもすごく良いものをたくさん、見せていただきました。

コメントありがとうございました。
2018年08月12日(Sun) 11:37
だめおやじさん
編集
>だめおやじさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>この津川雅彦さんには今は亡き兄の長門裕之さんがいましたが死に方が兄と同じ死に方でした。

しかも、奥様の認知症の介護をなさって…。

>津川雅彦さんが亡くなる前に数ヶ月前に妻の朝丘雪路さんが亡くなりました。
>兄の長門裕之さんも妻の南田洋子さんが先に亡くなり、翌年に長門裕之さんも亡くなりました。
>単なる偶然ですが、ちょっと驚きました。

偶然なんでしょうが、何か感じるものがあります。
モテるご兄弟だったらしく、いろんな話はありましたが、結局は魂の片割れというべきご夫婦だったのかなと思います。

>あと、長門裕之さんと津川雅彦さんの妻は共に姉さん女房でした。

ちょっとやんちゃなプレイボーイには、しっかりした姐さん女房が良かったんでしょうか。
先ほども書きましたが、朝丘さんはおっとりしていそうで、最終的には津川さんをちゃんと支えていらっしゃったと思いました。

>ご冥福をお祈りいたします。

寂しくなってきますね…。
娘さんも寂しいでしょうね。
お元気に過ごしてほしいです。
そして、今いる個性派俳優さんたちには、がんばってもらわねば。

コメントありがとうございました。
2018年08月12日(Sun) 11:50
No title
編集
こんにちわ。お久しぶりです。
津川さんの訃報……まことに残念です。
必殺シリーズが大好きな自分にとって、必殺という作品を支えてくれた津川さんがもう見られないのはとても寂しいです。
津川さんのご冥福をお祈りします。
2018年08月14日(Tue) 00:32
駿河屋利兵衛さん
編集
>駿河屋利兵衛さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>津川さんの訃報……まことに残念です。

まだ早いですよね…。

>必殺シリーズが大好きな自分にとって、必殺という作品を支えてくれた津川さんがもう見られないのはとても寂しいです。

津川さんは必殺シリーズを本当に盛り上げてくれましたね。
悪役俳優というより、大物俳優でいながら、縦横無尽な悪役演技。
人の命など何とも思っていない風の悪事を働いているのに、最期は滑稽。

>津川さんのご冥福をお祈りします。

どんどん、寂しくなりますね。
コメントありがとうございました。
2018年08月18日(Sat) 23:18
TVK必殺再放送枠(平日15:00~)が
編集
新仕置人→東海道五十三次殺し旅→『橋掛人』になりました。
後期必殺でしたから、見てない人も多いでしょうが・・・。
2018年08月24日(Fri) 01:02
地味JAM尊さん
編集


こんにちは。
コメントありがとうございます。

>TVK必殺再放送枠(平日15:00~)が
>新仕置人→東海道五十三次殺し旅→『橋掛人』になりました。

TVKやテレビ埼玉って、必殺の再放送をやってくれてうれしいです。

>後期必殺でしたから、見てない人も多いでしょうが・・・。

後期は仕事人シリーズ以外は知らない人が多いんでしょうね。
私にも「あ、これ、見てない」というものがあります。
テレビ朝日あたりが深夜や早朝で良いから、放送してくれると良いんですが。
いろんな事情で無理なんでしょうね。
民放局で、夕方に再放送されていたこともあるなんて、嘘のようです。

コメントありがとうございました。
2018年08月25日(Sat) 17:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL